浄土真宗本願寺派 紫雲山 光明寺

光明寺だより

久留米のパンやさん

久留米のパンやさんtricot(トリコ)のご紹介

 

 西鉄花畑駅近くの金丸小学校の北側で開業してある、パン屋さんです。2017年10月22日の開業ですので、4年目になられます。

 「美味しいものは人を幸せにする」「笑顔になるパン」を目指して、街のパンやさんとして日々営業されてあります。

 

 Tricot(トリコ)は、フランス語で「編み物」という意味で、「人とパン、美味しいものと人、人と人」とをつないで編んでいく。日本語で人を虜(トリコ)にするという意味合いで名付けられたそうです。

 

 朝8時から、小さなお子様からお年寄りまで気軽に食べることのできる焼き立てパンが並び始めます。

 地元メデイアにも取り上げられた、青森紅玉リンゴのジャムパン(160円)や、塩レモンパン(130円)など、ちょっと珍しいパンが大人気だそうです。

 

 一番人気は、毎日11時ごろに焼き上がる「トリコ食パン(角食)1.5斤」560円であっという間に完売してしまうそうなので、ご予約やお取り置きをお薦めされています。

 

 また、お写真をお持ちになると、下の写真のような記念日パンもご用意できるそうです。

すべてパンで作られており、食べることができるため、ちょっとしたプレゼントに喜ばれているとのこと。

 

 ホームページはありませんが、インスタグラムをやっていらっしゃいますので、こちらを見て頂くと最新の情報が手に入ります。

 日によっては早い時間で完売することもありますので、お早めにご来店することをお勧めいたします。

 

 是非、トリコのパンを食べてみてください。「笑顔になります」 宜しくおねがいします。

 

 

 久留米のパンやさん tricotートリコー 

 〠830-0046  福岡県久留米市原古賀町30-4 Mビル1F

 電話0942-80-1416

 OPEN8:00―16:00(パンがなくなり次第終了)

定休日;水曜日

Instagram: https//www.instagram.com/tricot_kurume