御不幸があったら

最初に準備すること

・なるべく早く、お寺と葬儀屋さんに連絡してください。

・遺体を仏間に安置し、仏壇を正しく荘厳します。臨終勤行(枕経)は仏壇の前で行います。

・仏壇の打敷は白色にします。

・仏壇の無い場所に遺体を安置する場合は、葬儀屋さんに頼んで、御本尊又はお名号を懸けてもらいます。

・葬儀に関するすべての段取りは、遺族の代表の方とお寺、それに葬儀屋さんを交え、三者で相談の上決定します。

・遺族の方は、男女別に全員念珠を用意してください。

友引は友を引く?

 「友引の日に葬儀を行わない」という風潮はかなり広まっているようで、友引に当たればその翌日に葬儀を延ばす方が多いようです。「友を引く」と書き、「その日に葬儀をすると、死者が友を引っぱり、さらに死人が出る」と、言うのだそうです。

 まったくたわいもない文字の連想であり、仏教的には何の因果関係もありません。友引というのは日の吉凶を占う「六曜」の一つなのですが、本来は「友引」ではなく「共引」であり、意味も「共に引き合って勝負なし」すなわち「良くも悪くもない」ということなのです。したがって気にする必要はないわけです。何の根拠もないことに身を煩わせ、振り回されるのではなく、しっかりとした主体性をもって人生を歩む−−その精神的基盤となるのが仏教であり、お念仏なのです。

 なお、葬儀の日取りについては、まず第一に導師を務めるご住職(手次ぎ寺)の都合を聞いてください。

清め塩は要らない

 「えっ?」と思われる方も多いでしょう。葬儀については、実に数多くの迷信があります。また、その慣習は地方によって大きな差があります。それらは、永い間その地方で受け継がれ、根付いてきているもので、ある程度は妥協しなければ仕方のないものですが、少なくとも次のようなことは、仏教とは全く関係がなく、「死は穢れ」という考えから起こった慣習であることは、是非知っておいていただきたいものです。

・出棺の時、棺を回したり、茶碗を割ったりする

 これは、故人が再び舞い戻って災いを起こさないようにということでしょう。茶碗も「あなたの分はありませんよ」ということでしょう。しかし、「帰って来るな」と云いながら、お盆になると「帰って来い」と云う。随分と身勝手なものですね。「ご冥福を祈ります」という言葉も、「迷って私たちに災難を及ぼさないように」との意味にもとれます。

・忌中の札、逆さ屏風、ご飯に箸を立てる、清め塩

 これらは、死を「穢れ」として人を近づけないように知らせたり、異常さを示して死を忌み遠ざけようとするのでしょう。塩で清めたり、石で棺桶の釘を打ったりすることも、穢れを清めたり魔力で死者の霊を封じ込め、災いを防ごう、というものです。

 仏教は、このような自己中心的な発想で死を忌み嫌うのではなく、死を厳粛に受けとめ、人生無常をかみしめながら、「生死いづべき道」を説く教えです。迷信に惑わされず、死を縁に自分自身の仏縁を深めてください。

院号を付けると「位」が上がる?

 法名(真宗では戒名とは云いません)は、なるべく生前に、本山で帰敬式(おかみそり)を受け、御門主から戴いておくのが望ましいのですが、戴いておられない場合は、住職が、おかみそりをした上で法名をおつけ致します。

 浄土真宗のみ教えは、社会的地位や修行の度合いによって死後の「位」が定まるのではなく、信心一つで、皆等しくお浄土に生まれることができる、という教えです。そのみ教えに帰依した人に与えられるのが法名です。

 ですから、法名以外に「霊位」や「位」の字をつけることはしません。また「居士」や「大姉」といった言葉も使いません。字数の多少や院号の有無によって位が決められるのではなく、皆等しくお浄土という最上の悟りの世界に生まれさせていただくのです。


トップ 更新情報 あゆみ 住職挨拶 お寺の紹介 法話 コラム 行事予定