正しい仏具とお供えの基本

お浄土を表すお仏壇
 お仏壇は、浄土の基本の仏様である阿弥陀如来を安置するところであり、目に見えない浄土を形に表そうとしたものです。私たちは、お仏壇を通して浄土を想い、浄土に触れさせていただくのです。お仏壇の前に座り、ご本尊を仰いで心静かに手を合わせるとき、私たちは阿弥陀如来をはじめ浄土の人々と対面し、その心に触れることができるのです。そのためにも、お仏壇のお飾りを正しく行うことが大切で、それが阿弥陀如来をうやまう気持ちの表れともいえるのです。

 

お飾り例/仏壇 1
 
●三具足(ろうそく立て+花瓶+香炉)
●五具足(ろうそく立て1対+花瓶1対+香炉)

 

お飾り例/仏壇 2
●三具足(ろうそく立て+花瓶+香炉)
※香炉は、土香炉と金香炉と合わせてひとつの香炉とみなします

 

仏具の名称と飾り方

 お仏壇は、寺院の内陣を小型化したものです。そのため基本的な仏具やお飾りの仕方は寺院でのやり方に準じています。ただ、お仏壇には大小さまざまなものがあり、正式のお飾りをするのはむずかしい場合があります。ここに示したのは実用面を重視したひとつの参考例にすぎません。お取り次ぎの寺院の方と相談して、お仏壇の大きさや置く場所に応じたお飾りの仕方を選びましょう。

1.巻障子(まきしょうじ):折り畳んで開きます。お参りしない時は閉じておきます。

2.:折り畳んで開きます。お参りしない時は閉じておきます。

3.瓔珞(ようらく) 4.金灯籠(かなどうろう) 5.戸帳(とちょう)

6.ご本尊(ほんぞん):阿弥陀如来(南無阿弥陀仏)本願寺よりお受けします。

7.お脇懸(わきがけ):右(親鸞聖人)左(蓮如上人)本願寺よりお受けします。

8.仏飯器(ぶっぱんき):小さいお仏壇では、お仏飯のお供えはご本尊の前だけでも構いません。

9.華瓶(けびょう):色花は用いず、樒(しきみ)などの青木をさします。

10.供笥(くげ) 11.金香炉(かなごうろ) 12.香炉台

13.高坏(たかつき):お供え物を盛る台ですが、正式の仏具ではありません。

14.打敷(うちしき):仏事やお祝いの時に用い、普段は外しておきましょう。

15.花瓶:他のお道具とのバランスを考えて花の大きさを調節しましょう。造花はだめ。

16.土香炉(どこうろ):線香は立てずに、適当な大きさに折って寝かせます。

17.ろうそく立:炎が金灯籠などを焦がさない位置に置きましょう。電気式ろうそくは本来は用いません。

18.過去帳(かこちょう)19.過去帳台:正面を避けて右隅もしくは左隅に置きます。

20.経卓(きょうじょく):お経本・御文書箱のほかは物を置かないようにしましょう。

21.御文章箱(ごぶんしょうはこ):経卓の上に置いても構いません。箱の向きに注意しましょう。

22.香炉(こうろ):焼香用。壇上の土香炉で代用しても構いません。

23.香盒(こうごう):抹香の入れ物です。

24.きん(鈴:りん):お経を読む時以外には鳴らさないものです。

 

ご本尊は阿弥陀如来
  浄土真宗のご本尊は阿弥陀如来です。ご本尊には形の上で、絵像と木像、さらに「南無阿弥陀仏」の名号本尊がありますが、一般的には、絵像ご本尊をおかけすることが多いようです。中央にご本尊、両脇に「お脇懸(わきがけ)」という軸をかけます。

 お脇懸は、向かって右側に宗祖「親鸞聖人」、左側に本願寺中興の祖「蓮如上人」のご影像をおかけします。または、右側に「帰命尽十方無碍光如来」と書かれた十字名号、左側に「南無不可思議光如来」の九字名号をおかけすることもあります。ご本尊、お脇懸は本願寺からお受けします。”町飯”と呼ばれるご本尊を求めることもできますが、商品のように購入することはひかえたいものです。ご本尊を本願寺からお受けする時は、お取り次ぎのお寺にご相談ください。

 

御文章について
 
 本願寺中興の祖・蓮如上人のお手紙。本願寺からお受けするのが望ましい。置く時は、箱の向きに注意しましょう。(下がり藤の紋の向きを確かめる)

 

お供え
 果物や菓子など、食べられるものは、お供えしてから家族でいただくようにしましょう。ただし、酒類、コーヒー、煙草などの嗜好品、魚や肉などの生臭ものは避け、陰膳(かげぜん)はやめましょう。お供えの大きさは、お仏壇にあわせます。
お仏飯を備える
 
 

(毎朝)ご飯が炊けたら、お仏飯を真鍮製の仏飯器に蓮のつぼみの形に盛り、いちばん最初にお供えします。お供えしたお仏飯は、昼までにお下げし、家族でいただきましょう。

お茶は供えない
 
 浄土真宗ではお茶は供えません。水を供える場合には華瓶(けびょう)を用い樒(しきみ)もしくはそれに似た青木をさします。華瓶のないお仏壇の場合には、お仏飯だけでよいのです。
お線香
 
 あたりを清らかにし。私たちの心身までもすがすがしく、安らかにしてくれるお香。浄土真宗では線香を香炉の大きさに合うように折り、必ず灰の上に寝かせます。灰の上質なものを使えば、線香は消えずにすみます。

 

お仏壇に入れてはならないもの
他宗の仏像は入れない
 
浄土真宗は阿弥陀如来一仏に帰依(きえ)することを教えています。阿弥陀如来は一切の仏・菩薩の根本の仏さまで、阿弥陀如来に心から帰依すれば、すべての仏さまを尊ぶことになるのです。お仏壇の中へ、他宗の仏像や高僧像、さらに水子地蔵やおみやげで買ってきた仏像、観音像なども入れないようにしましょう。
お札を入れない
 
 他宗のお寺や神社などにお参りして「厄除開運御守」とか「家内安全御守護」「護摩供御札」などと書かれたお守りやお札をもらってくる人がありますが、これらはお仏壇の中へ入れてはダメ!玄関や柱などにも貼らないように。手近に幸福を求めようとする手前勝手な現世利益(げんぜりやく)はもっとも浄土真宗の教えにそむくものです。
位牌は置かない
 
 浄土真宗では位牌を使わず、法名を過去帳に記入し、命日にその日の頁を開けるようにします。もしも位牌があれば、お仏壇の上段とかご本尊の前面に置かないようにし、早く過去帳を備えるようにしましょう。
故人の写真は入れない
 
 亡き人を愛しみ、感謝することはとても大切なこと。けれどもお仏壇の中に生前の写真を飾っていては、亡き人がすでに浄土に生まれ、仏さまとなり、仏さまの働きをされていることに気がつかないことになります。なお、写真を部屋に飾る場合は、お仏壇の真上は避けましょう。
お骨をいつまでも置かない
 
 お仏壇は納骨堂ではないのです。お骨は時期をみて、お墓や納骨堂へ。分骨する場合は京都の大谷本廟(西大谷)へ納めます。

トップ 更新情報 あゆみ 住職挨拶 お寺の紹介 法話 コラム 行事予定